スケジュール

・16歳未満のお客様は17:45(保護者同伴の場合19:45)
・18歳未満のお客様は21:45までに施設外に退出していただきます。
※メダルコーナーご利用に関して
18歳未満のお客様は、保護者同伴の場合のみご利用いただけます

このイベントは、ウェアハウス三橋店内で謎を解き、実際に捜索する体験型イベントです。

 

お知らせ

2020/7/10

2020/4/8

2020/1//11

pinokoxxxさん

投稿日:2020年07月31日

壮大でした!はるばる行ってよかった! 金田一シリーズ毎回重いんですが、今回も紙と館内をめちゃくちゃ駆使してラストは感動します。 …

Dの付く男さん

投稿日:2020年07月26日

最後の謎は、難しくてかなりの時間考えました!

kazumimomoさん

投稿日:2020年07月25日

金田一シリーズはバーチャル参加をして今回臨みましたがとても難しく、一緒に参加した友人に助けてもらいながらなんとか解決しました! …

クチコミ一覧へ

ストーリー

一の元に届けられた1通の手紙、それは「地獄の傀儡師」高遠遙一からのものだった。これまで『電脳九龍城』では2度の悲劇が起きたが、その裏で糸を引いていた傀儡師が、ついに直接動き出したのだ。

そういえば朝から美雪と連絡が取れない。言い知れぬ胸のざわめきを抱えながら、一は新たな『電脳九龍城』へと向かうのだった。

イベント情報

金田一少年の事件簿の大人気作「香港九龍財宝殺人事件」のアフターストーリーを、リアル九龍城「ウェアハウス川崎」で実現し、大好評を博した『電脳九龍城財宝殺人事件」。
第3弾となる今回は舞台をウェアハウス三橋店に移して開催!
難しいけどおもしろい“大人のための上質な謎解き”で好評の『takarush BLACK LABEL』が、オリジナルの物語をお届けします。

開催概要

・16歳未満のお客様は17:45(保護者同伴の場合19:45)
・18歳未満のお客様は21:45までに施設外に退出していただきます。
※メダルコーナーご利用に関して
18歳未満のお客様は、保護者同伴の場合のみご利用いただけます

■タイトル
電脳九龍城 傀儡狂騒曲殺人事件
■開催期間
大好評につき期間延長!
2020年2月7日(金)~2021年1月31日(日)
■開催場所
ウェアハウス三橋店
■謎解きキット価格
1,500円(税込)
■販売場所
アミューズフロント
参加可能時間
9:00~最終受付21:00
想定所要時間
4.5時間~
■持ち物
必須
謎解きキット、
インターネット接続が可能なスマートフォン
又はタブレット、筆記用具

あれば便利
バインダー
■チャレンジパラメーター
【難易度】★★★★★☆
【ボリューム】★★★★★★
【移動距離】★★☆☆☆☆
チャレンジパラメーターとは?»

参加方法

ウェアハウス三橋店で謎解きキットを購入!
【販売場所:アミューズフロント】

推理スタート!
実際にウェアハウス内を探索し、謎や暗号を解きながら事件解決を目指せ!

最後の答えを導き出せたら事件解決!
※想定プレイ時間4.5h~程度

【デジタル宝物アイテムとは?】

タカラッシュ!が企画・制作する全国のリアル宝探しに参加すると「宝物」のデジタル画像がもらえます。 獲得した宝物アイテムは、マイページ上でコレクションしていくことができます。

詳しい登録の仕方などはコチラ

名探偵・金田一耕介の孫。普段はボーッとしていて勉強もスポーツもダメなオチコボレ高校生だが、実はIQ180という天才的頭脳の持ち主。「ジッチャンの名にかけて」次々と難事件を解決する。

学年トップで生徒会長の優等生。常にはじめのそばでサポートする、はじめの幼なじみ。

警視庁捜査一課、東大卒のキャリア警視。キザでイヤミな男だが、頭脳はピカイチ。つねに冷静な推理で難事件を解決に導く。

復讐心を抱く人間に完全犯罪をプロデュースする殺人鬼、通称“地獄の傀儡師”。金田一の最大の宿敵。天才マジシャンだった母親譲りのマジックと変装に長け、幾度となく金田一を苦しめてきた。

ドラゴン・アイ”を手に入れるために集まった人々。その正体は謎に包まれている。

電脳九龍城財宝殺人事件
(第1弾)

電脳九龍城(ウェアハウス川崎)で最初に起きた事件。

電脳九龍城のオープン記念として、伝説の秘宝“ドラゴン・アイ”をかけた宝探しイベントが開催されるも、それは過去の恨みを晴らすための、とある犯人の罠であった。一の推理、剣持と明智の協力により、見事解決された。そして、賞品とされていたドラゴン・アイは、犯人が用意した偽物であった。

電脳九龍城怨念遊戯殺人事件
(第2弾)

電脳九龍城財宝殺人事件(第1弾)の数か月後に起きた事件。

数十年前に廃盤となった伝説的なアーケードゲーム”九龍QUEST”にまつわるイベントが開催されたのだが、その正体は”九龍QUEST”開発にまつわる怨念が招いた死のゲームであった。更に事件の裏では”地獄の傀儡師”が糸を引いていたが、またしても一と明智の活躍によって解決された。

香港九龍財宝殺人事件(原作)

かつて一が解決した事件のうちのひとつ。

20周年記念シリーズ第三作。 20周年記念シリーズ第2、3巻収録。全12話。 香港で行われるファッションイベント「ガーリーモード」に、ひょんなことから出演することになった美雪と、それについて来た一。 しかしイベントを前にして美雪は何者かに誘拐されてしまい、代わりに現れたのは美雪に瓜二つの顔を持つモデル・楊蘭だった。美雪を探すために一は彼女に協力を依頼するが・・・。 伝説の九龍財宝「龍の眼(ドラゴン・アイ)」を巡り、連続殺人事件が幕を開ける。

ドラゴン・アイ

九龍城にあった龍の像の目の部分にはめられていた、時価数十億のダイヤ。

そのドラゴン・アイを奪ったのが九龍皇帝と呼ばれた王龍(ワン・ロン)だった。ドラゴン・アイはワンが取り出してから行方不明になっていたが、九龍城独立の切り札にするため、核爆弾と交換されたことが発覚するが、その後再び行方不明となる。

注意事項

  • ヒントを閲覧するには、スマートフォンが必要になります。
  • インターネット接続にあたり、通信料はお客様の負担となります。
  • 設置物は場所を動かしたりいたずらしたりしないでください。また、設置物には文字などを書き込まないでください。
  • 設置物の近くが混みあってきた場合は、すばやくメモや写真を撮るなどして、場所を譲り合ってください。
  • 一般のお客様の迷惑にならないようにご注意ください。
  • 参加キットは再発行できませんので、紛失にご注意ください。
  • 最終報告は、1キットにつき1回までです。
  • イベント実施中の事故や器物破損などで発生した損害については、参加者様個人の責任となりますので、ご理解の上ご参加ください。
  • 本イベントの内容や解答を、SNSを含むインターネット上で公表しないでください。(話題にしていただくのは問題ありません)
  • 室内の撮影禁止エリアでの撮影はご遠慮ください。
  • その他ご不明点がある方はコチラでご確認ください。

FAQ

Q.金田一少年の事件簿を知らなくても楽しめますか?
オリジナルストーリーなので、知らなくても楽しめます。しかし、知っているとより楽しめる小ネタなども存在します。
Q.過去作を知らなくても楽しめますか?
体験していなくても謎解きとしてはお楽しみいただけますが、完結編のため、シナリオや事件の深みを理解するためには過去作の事前プレイを強くおすすめいたします。過去作は家で楽しめるバーチャルキットになってタカラッシュ!SHOPにて販売中です。今作のプレイ前にぜひお楽しみください。
Q.一人でも参加できますか?
もちろんおひとり様でも複数人でもお楽しみいただけます。ただし、人数分のキット購入が必要です。
Q.プレイする際、年齢制限はありますか?
謎解き自体に年齢制限はありませんが、法令により16歳未満の方は17:45(保護者同伴の場合19:45)、18歳未満の方は21:45までに施設外への退出が必要です。また、大人向けの高難易度のイベントとなっておりますので、中学生以下のお子様のみでのご参加は推奨しておりません。
Q.制限時間はありますか?
ゲームの制限時間はございませんが、ゲームの所要時間は4~5時間となっております。状況により更に時間を要する場合もございますので余裕をもってご参加いただくことをお勧めいたします。
Q.複数日にわたってプレイすることは可能ですか?
はい、開催期間中なら可能です。なお、ゲームキットの再発行対応はいたしかねますので、プレイ途中のキットをお持ちください。
Q.謎の難易度はどれくらいですか?
慣れている人でも少し苦戦する、難易度が少々高めの謎になっております。しかし謎解きイベントが初めて…という方に、ヒントも用意しておりますのでご安心ください。
Q.自分のブログやTwitterでネタバレしてもいいですか?
ネタバレは固くお断りいたします。イベントを撮影しインターネット上への動画配信すること、謎やパズルの答えや、演出内容などを撮影しアップロードすることは固くお断りいたします。
LINE
Twitter
facebook

takaraush BLACK LEBALとは?

リアル宝探し「タカラッシュ!」が手がける、今までとは違う大人のための謎解きイベント。 それが『takarush BLACK LABEL』。上質な空間の中で展開される、洗練された謎解きイベントを提供しています。

詳しくはこちら>>>

blacklabel
  • 公式アカウント
  • Facebook
  • twitter
  • line
  • Instagram

主催:株式会社ゲオ
企画・制作:株式会社タカラッシュ
監修:リトルミラクル
協力:講談社
©天樹征丸・さとうふみや/講談社

pagetop